ワイヤカット金型の磨き

金型の磨きで抱えている悩み

  • 手磨きやクリーニングの作業時間を削減したい
  • 金型の抜け性や耐久性を改善させたい
  • ツルツルに磨いているのに何故か型抜けが悪い
  • エッジをダラさずに磨きたい
  • 複雑な形状の金型でも寸法精度を維持したい
  • 液体処理(アルカリ洗浄等)を無くしたい
  • 金型加工を外注化したい

短時間で50%以上の面改善が可能に

金型 (1)放電加工金型磨き
(2)ワイヤカット放電加工面磨き
(3)カッターマークの面改善
(4)金型クリーニング:ゴム・ダイカスト・鋳造・プレス等の金型およびスクリュー等の樹脂押出・成型機部品の表面を傷めずにクリーニングできる方法です。また、酸などの廃水処理も不要です

ワイヤカット金型の磨き

ガラスビーズブラスト法による磨きの勧め

リードフレームやカメラ部品など多くのプレス金型の仕上げに、欧米では20年以上前よりガラスビーズに よるワイヤカット金型の磨きが一般的ですが、日本でも多くの企業が採用されている技術です。

それは寸法精度を損なうことなく極めて短時間で50%以上の面改善が可能になるからです。
また、その効果は表面硬度をアップさせ、成型性・摺動性が改善され、引張応力が大きな圧縮応力にも改善されるため、繰返し疲労破壊をも改善するため金型寿命も改善されます。

現在の主な用途とメリット

プレスパンチやダイ、リードフレームなどの順送金型からデジタルカメラなどの絞り金型などへの 磨き時間短縮・成型性向上・寿命改善やワイヤカット入れ子の摺動性改善など多くのメリットが得られます。

面粗度 カット数 ワイヤカット後
面粗度(Ry)
ブラスト加工後
面粗度(Ry)
1st 12
2nd
3rd
4th

なお、4thカットで30kgf/mm2の引張応力が、瞬時に120kgf/mm2以上の圧縮応力に変換可能です。

装置の選択方法
  1. 使用する研磨材の選択
  2. テスト加工で事前確認します。
  3. 最大ワーク(寸法:縦×横×厚さ、重量)により、どの装置を選ぶかを決めます。
  4. a)小物用はSFC-2
    b)300×300×50t程度はSFCF-3(A)またはSGF-3(A)
    c)450×450×50t、100kgはSGK-4ST-B
    d)それ以上のサイズに関しては「台車テーブル」よりお選びください。
  5. より大きな寿命改善効果を期待する場合は、白層を削り落とすため研磨材の交換をされるか、さらにもう一台のブラスト装置のご購入をお薦めします。

カタログダウンロード

こちらにて関連するカタログをダウンロードをしていただくことが出来ます。 下の各カタログのリンクよりユーザー情報入力フォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。

金型磨き装置

金型の磨き・成型・クリーニングに関する悩みを改善します。

MKS処理により成形性改善!!

金型面改善による離型抵抗の改善やガイドポストのカジリ防止事例の紹介です。

<成型の問題>解決します!

金型成型現場で抱える様々な問題解決のお手伝いを致します。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード