リサイクル・再生加工

ブラストによるリサイクル・再生加工とは

本体での加工の流れ 資源再利用(リサイクル)技術の中にも、ブラストの技術が応用されています。
ブラストの持っている機能の中で、表面を研掃する能力。表面を粗くも滑らかにもする機能。素材にはほとんど加工せず、その表面の錆、塗装のみを除去する機能。等の技術の応用がますます期待されます。

応用例

  • バイク等のレストア
  • 錆付いたバイクやクラシックカーを分解整備し、機能回復で蘇らせる技術。
  • 浄水器のリサイクル
  • ステンレス製の容器は、ブラスト加工で新品に再生、中身を交換してリサイクル。
  • アルミ鋳物系の品物
  • アルミ鋳物・ダイキャスト製ハウジングの各種機器。
  • ドリル・切削バイト
  • WPC加工で切削性が回復、使用寿命が延びる。(条件が有ります)
  • コピーロールの再生
  • 素材面を傷めない表面の研掃で再利用が可能に!
  • 一般錆付き品
  • ブラストの研掃力で錆を一掃、再塗装で新品同様にしてリサイクル。
  • 焦げ付き容器
  • 鍋釜等料理機材で焦付きが、取れなくなった様なものもブラストの研掃力で再利用
バイク部品加工例
ブラストによる積層段差除去及び鏡面化1 【フレームのブラスト加工前】 ブラストによる積層段差除去及び鏡面化2 【フレームのブラスト加工後】
ブラストによる積層段差除去及び鏡面化1 【エンジンのブラスト加工前】 ブラストによる積層段差除去及び鏡面化2 【エンジンのブラスト加工後】
ブラストによる積層段差除去及び鏡面化1 【マフラーのブラスト加工前】 ブラストによる積層段差除去及び鏡面化2 【マフラーのブラスト加工後】
 

装置例