沿革

「エアーブラスト」
その世界的なリーディング企業として

弊社は、世界屈指の技術力を自負するエアーブラスト装置の開発・製造(製品名:ニューマ・ブラスター)の専門メーカーです。

数多くの国内外の特許取得をはじめ、国内外のテレビ局から取材を受けるなど、弊社のエアーブラスト装置は、世界各国、あらゆる産業界で認知され活用されております。

現在も、ウェットブラスト、ドライアイスブラスト、重曹ブラスト、太陽電池パネル用ブラストや残留応力非破壊評価装置など、多くの新技術に挑戦して多くの注目を集めております。
これからも、開発に力を注ぎ、世界のトップブランドの地位を目指して参ります。

昭和25年
江戸川区西一之江にてコンプレッサー製造業として創業
昭和32年
日本初のキャビネット型サイホン式ブラスト装置1号機(SF型)を製造・納入
昭和34年
「有限会社 不二製作所」設立 資本金50万円
昭和36年
重力式エアーブラスト(サンドブラスト)装置(SG型)の開発に成功
昭和45年
「株式会社 不二製作所」に改組
昭和46年
ブラスト装置の呼称を『ニューマ・ブラスター』に統一
昭和52年
名古屋営業所を開設
昭和53年
本社工場を現在地へ建設・移転
昭和60年
エアーブラスト(サンドブラスト)装置納入実績累計 10,000台突破
昭和61年
日本ブラスト加工研究所(ブラスト受託加工)を開設
平成1年
資本金1億2,000万円に増資。金属製品の表面熱処理法(WPC処理)特許取得
平成5年
プラズマディスプレイパネル用専用装置 第一号機納入
平成8年
精密加工用ブラストSCM型の開発に成功
平成9年
ブラスト装置納入実績累計 20,000台突破
平成10年
茨城工場第1期棟(床面積 約1,500平方メートル)を開設
平成11年
精密加工用ブラスト機の異物除去システム特許取得
平成13年
自動車エンジン用ピストンへのWPC処理が日本トライポロジー学会技術賞を受賞
ガラス工芸教室「あとりえ ル・シェール」を開店
平成17年
茨城工場第二期棟(床面積 約2,300平方メートル)を開設
大阪営業所開設
ブラスト装置納入実績累計 25,000台突破
”磨くブラスト”シリウス加工の開発に成功
平成18年
経済産業省『元気なモノ作り中小企業300社』に選出される
平成19年
本社工場改築(本社・工場 延床面積 約14,000平方メートル)
不二ファインテック(精密ブラスト受託加工)を開設
東京都から産業振興功労者として表彰
平成20年
本社工場新社屋完成
平成23年
天皇陛下が当社を御視察
多結晶シリコン太陽電池の新作成方法を共同開発
平成24年
小牧工場を開設
タイにフジ・ブラステックタイランドを開設
平成25年
資本金を1億円に変更
平成26年
茨城工場第三期棟(床面積約2,300㎡)開設