手動加工と両立も可能な簡易自動機

ATCMシリーズ
自動回転テーブル型
処理数量 均一加工 省力化 複数ワーク
への汎用性

テーブルにワークを並べて置いて、スタートさせると振動するノズルが回転するテーブルの上を均一に加工する簡易自動機。
手動ノズルを追加することで、自動加工による省力化と少量多品種への対応の両立が可能です。

省力化

回転するテーブルの上に置いたワークを振動する複数本のノズルで均一に自動ブラスト加工。
自動加工中は装置の前にいる必要がございません。

品質の安定

振動するノズルや上下に移動するノズルなどで自動加工するので、作業者による加工のバラツキがなく、毎回同一条件で加工が行われます。

多数本ノズルで生産性向上

手動では当然ノズル1本での加工ですが、自動ではノズルの本数を増やすことで加工時間は短縮することが可能です。
(上記は側面から加工用ノズルを4本配置し、真ん中にエアブロー用ノズルを2本配置)

手動ノズルの追加も可能

自動加工用ノズルとは別に手動加工ノズルを追加することで、1台で少量多品種のワークを加工することも可能です。

装置仕様
概略
  1. 複数ノズル加工で生産性向上
  2. 手動加工との兼用も可能
  3. 累計出荷台数1,000台以上のベストセラーシリーズ
  • 自動回転テーブルとノズルの動き
  • テーブルが自動回転すると共に、ノズルが振動したり、上下に移動しながら噴射加工。

  • 加工作業の流れ
  • 加工物をテーブルに置き、スタートボタンを押すと加工開始。加工タイマー終了でエアブローに切り替わり、その後自動停止。

  • 加工レシピの設定
  • テーブル回転速度や加工時間、加工後のエアブロー時間などの加工レシピは事前に登録可能で設定可能です。

  • 加工ワークの汎用性
  • 回転テーブルへのワークの置き方によって、小物を10個程度一度に加工したり、大物を1個加工するなど対象ワークの汎用性高い。

装置実績例①

自動加工用のノズル2本と手動加工用ノズル1本がついた標準的な自動回転テーブル型装置です。
自動加工メニューは装置前面扉上部のタッチパネルモニターで設定致します。

装置実績例②

大型ワークの搬入用に側面に自動開閉スライド扉を配置し、小物ワーク用に全面に横開き扉を配置した装置です。

ノズルの配置と本数の設定

側面配置はロール形状を効率的に加工

天井配置は平板などを効率的に加工

  • ノズル配置と本数
  • ノズルの本数は多くの装置で2本~6本程度でテスト加工の結果や処理数量を踏まえて最適なノズル本数とムラなく仕上がる配置に設定。

    ノズルの配置組み合わせは、一般的にはテーブル全体的に狙える斜め数本配置が多いが、天井側2本+側面配置2本や天井側のみに少しずつ角度を変えた6本配置など加工条件やワークに合わせて配置可能です。

  • 手動加工用ノズルを追加
  • 少量多品種に対応するために自動加工用ノズルの他に手動用ノズルを追加可能。また、全体的に自動で加工後、奥まった部分や汚れの酷いところだけ手動ノズルで追加で加工など組み合わせて使用することも出来ます。

代表的なノズルの動き

ガン振動型

一番多いガンの動作方法です。
回転するワークに対して、ブラストガンを縦方向に振動させる事で、全面加工を行ないます。通常は、2~6本のガンで分担してワーク全面のブラスト加工を行ないます。

ガン上下移動型

回転する円筒形状のワークの外面及び内面を均一に加工する時に用います。ワークの下から上もしくは上から下にノズルが等速移動しながら加工をしてきます。必要により、複数回のガン上下移動を行ないます。

加工ワークとノズル配置例①

Φ200mmのギア

  • 加工目的
  • 熱処理スケール除去

  • 自動ノズルの配置と動き
  • 天井側に角度を変えた2本配置
    ガン振動型で効率的に全面加工

  • 加工ワークの配置
  • テーブルの上4つ並べて一度に加工

加工ワークとノズル配置例②

Φ150×H350mmロール

  • 加工目的
  • 美装梨地加工

  • 自動ノズルの配置
  • 側面に2本配置
    ガン上下移動型で均一加工

  • 加工ワークの配置
  • テーブル中央に専用治具で固定

省力化:手動機から自動機へ切替効果
1日当たりの処理量:処理量:100個/1日 加工時間:10分/個
Before
手動機で加工していた時

加工:10分/個+製品着脱:2分/個で計算

After
ノズル4本の自動機に変更

加工:2.5分/個+製品着脱:2分/個で計算

装置扉の基本タイプ
横開き扉 手動の横開け扉
手動スライド扉 手動の上下スライド扉
自動スライド扉 自動の上下スライド扉
装置間口寸法とテーブル径
装置型式 本体間口(mm) テーブル径(mm)
3ATCM
800
Φ300
4ATCM
1,000
Φ450
5ATCM
1,200
Φ600
(Φ800も可)
6ATCM
1,500
Φ1,200
※注記
テーブルへのワークの置き方や形状、ノズルの配置や本数、狙い箇所によって、必要なテーブル径は異なります。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード