回転させにくい形状ワークの連続処理

ATシリーズ
開口回転テーブル型
処理数量 均一加工 省力化 複数ワーク
への汎用性

平板や矩形、三日月形状のような、回転させて加工しにくいワークを連続処理するのに適した自動加工装置です。
治具などに固定することによって小物のワークやドーム形状のガタつきやすいワークの加工にも適用可能です。扉を開閉せずに本体正面の開口部からワークの着脱していきます。

装置仕様
概略
  1. 回転させて加工しにくいワークの
    連続処理に適しています。
  2. 治具を用意し小物の加工も可能
  • テーブルの動きとワーク着脱
  • 本体前面部にゆっくりと水平自動回転するテーブルが露出しており、そこでワークの着脱を行っていきます。
    ワークをテーブル上に直置きするか、専用の治具にセットすると加工室内へ運ばれ、複数本のノズルによるブラスト加工とエアブロー後に再び本体正面の露出部へ戻ってきます。

  • 加工作業の流れ
  • ワークをセットする水平自動回転テーブルは常にゆっくりと回転しているので、作業者は、本体正面の開口部で加工後のワークの取り出し、次に加工する未加工ワークのセットを行っていく流れになります。ブラスト加工とエアブローは自動で行われます。

タクトタイムに合わせて設定
  • 加工ポジション数とノズル本数
  • 上図は、手前でワークの着脱、奥側3ヵ所にそれぞれノズルを1本ずつ配置しブラスト加工、ワーク着脱箇所の手前でエアブローを1箇所設定した場合になります。
    水平自動回転するテーブルは常にゆっくりと動いているので、ワークが開口部を通り過ぎる間に作業者がワークの着脱していき、ワークがノズルやエアブローの前を移動している時間だけブラスト加工及びエアブローがされて、ワーク着脱箇所に戻ってきます。
    加工ポジション数を増加、各加工ポジションでのノズル本数を増加、着脱を1個毎でなく、複数個セット加工にするなど作業者が無理なく着脱できる範囲で調整することでご希望のタクトタイムに合わせていきます。

ワーク形状別テーブル治具例

平板形状ワーク用

回転テーブル全体が金網やパンチングで出来ているタイプで、主に平板形状のワークを装置開口部の投入口から並べて置いてセットしていき、加工面全体を連続処理していきます。

半月形状ワーク用

半月形状の立てて、ワークの背部分を加工したい場合に向いている形状です。そのままでワークを立てて並べる場合もあれば、倒れない様に治具で固定する場合もございます。

小物ワーク用

主に樹脂成型品のバリ取り加工などで使用されるタイプで、回転テーブル上に軽量小物ワークがブラスト加工によって飛ばない様に固定する治具を並べて、そこに加工ワークをセットしていきます。

ドーム形状ワーク用

主にドーム形状ワークの加工の際に使用されるタイプで、ブラスト加工時にワークがガタつかない様にワーク抑えと共に、回転テーブルに仕切りがついております。

装置実績例①

開口テーブルのパンチングにワークを直置きしていくタイプの平板形状ワークの塗装前処理用の表面粗し装置です。加工室内で4本のノズルで加工面全面をブラスト処理していきます。

装置実績例②

Φ10mm、長さ20mm程度のSS材ワークを治具に固定し、機械加工後のバリ取りをする装置です。当社独自のシリウス研磨材によってワーク表面を粗さずに仕上げることが可能です。

装置実績例③

上記同様開口テーブル型装置だが、ドライアイスを粉砕し、パウダー化したものをメディアとして噴射して連続処理をするためワークへのメディアの残留をゼロに出来ます。

代表的なノズルの動き

ガン振動型

一番多いガンの動作方法です。
ゆっくりと流れてくるワークに対してブラストガンを振動させる事で、全面加工を行ないます。通常は、1加工ポジションに付き1本~3本のガンで分担してワーク全面のブラスト加工を行ないます。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード