大型、重量物加工用自動機

DT・RBTシリーズ
自動台車テーブル型
処理数量 均一加工 省力化 複数ワーク
への汎用性

大物重量ワークの加工に対応する台車テーブル型装置です。
側台で台車テーブル上にワークをセットして、スタートすれば台車の移動、スライド扉の開閉、ブラスト加工及び加工中のテーブル回転を自動化可能です。
また手動加工との兼用や加工だけを自動化など様々なタイプがあります。

自動化・省力化

大型物や重量物で1回の加工時間が、5分以上かかる場合に適した装置で、ワークの搬送、スライド扉の開閉、ブラスト加工及びエアブローなどをすべて自動化にすることによって省力化を実現致します。

品質の安定

扇状に振動するノズルやロボットにノズルを持たせて自動加工するので、作業者による加工のバラツキがなく、毎回同一条件で加工が行われます。

生産性の向上

手動では当然ノズル1本での加工ですが、自動ではノズルの本数を増やすことで加工時間は短縮することが可能です。
(上記は台車上側から自動加工用ノズルを3本配置しております)

複雑形状への対応

大型重量物で研磨材をかけたくない部分がある、もしくは通常の噴射ではかかりずらい穴内部や入り組んだところにノズルを突っ込んで加工したい等、狙ったところを加工したい場合はロボット搭載型の有効です。

装置仕様
概略
  1. 大物重量物の加工に対応
  2. 1個当たりの加工時間が数分以上かかる場合に適しています
  • 自動台車テーブルとノズルの動き
  • 台車の加工室内への移動、スライド扉の開閉、ブラスト加工及び加工中のテーブル回転、加工後のエアブロー、 加工終了後の加工室から出てくる流れのすべてが自動で行われます。
    ノズルの配置や本数、動きについては加工対象の形状に合わせて専用設計していきます。

  • 加工作業の流れ
  • 大物重量ワークをクレーンなどで装置側面にセットし、スタートすれば加工室内へワークが移動して、加工終了後にエアブローされて装置側面に戻ってくるタイプが全自動機です。
    ワーク搬送だけ自動タイプや自動で全体的に加工した後、手動ノズルで追加加工出来る一部手動にも対応したタイプなどご要望に合わせた様々なタイプがございます。

装置実績例①

【装置外観】

最大ワークサイズ:W2200×L3000×H1000(mm)、耐荷量:2800KGの大型装置。
当社で大型のホイール・ギアなどの受託加工用に使用しているロボット搭載ブラスト装置です。

【自動搬送回転台車】

【搭載ロボットで加工】

装置実績例②

大型台車(Φ2000mm、耐荷重750KG)の上にのせたワークを加工室内天井に取り付けたロボットが事前設定したワークに合わせた三次元動作を行い加工していきます。

装置実績例③

台車の加工室内への移動、スライド扉の開閉、ブラスト加工時の振動するノズルの動きや台車回転など一連の流れが自動化された装置です。手動加工も出来る自動と手動の兼用機です。

装置実績例④

一連の流れが全自動の台車テーブル型ウェットブラスト装置です。
ワークに油分や可燃性物質などが多く付着している場合に、使用される水と研磨材を一緒に噴射するタイプです。

参考:台車型汎用手動機

台車の移動やスライド扉の開閉、ブラスト加工中のノズルの動きなど、すべてを手動で行う装置です。
加工する品物の大きさや重量に合わせ、様々なサイズのモデルが標準化されています。

応用型自動台車タイプ

台車の上にローラーがついておりロール形状のワークを台車で加工室内に搬送した後、回転させながら水平移動するノズルで均一加工する装置です。
洗浄やシボ加工、微細ディンプル付けなど多様な加工に対応しております。

【台車の動き】

【ガン水平移動型】

代表的なノズルの動き

ガン振動型

一番多いガンの動作方法です。
回転するワークに対して、ブラストガンを縦方向に振動させる事で、全面加工を行ないます。通常は、2~6本のガンで分担してワーク全面のブラスト加工を行ないます。

軸垂直ガン揺動型

円板等の比較的フラットなワークを加工する時に用います。
さらに均一な加工を求める場合には、ガン移動速度を電気的、またはカムを使用して、等面積加工となるようにガン移動速度を制御する事も可能です。

ガン水平移動型

ロール状のワークの場合にワークを回転させながら、ワークの回転方向に対して直角に等速水平移動します。
フラットなワークの場合は台車を回転させず、全面を均一に加工を行なう場合等に用いられます。

ガン回転型

先端の回転するブラストガンを穴径内部へ差し込み内部で回転させながら内面を加工したり、通常ではかかりずらい入り組んだ部分を狙って加工したりする場合に使用致します。
このガンをロボットに持たせることで複雑形状ワークの加工に対応致します。

ロボットでのノズルの動き
ロボット+ロング回転ノズル

上記、ロボットの動きでは当社で一般的に使用するノズルを持って加工しておりますが、自動車のシリンダブロック内の鋳砂除去や大型薄肉アルミダイカスト品のバリ取り、航空機エンジンのブレードやブリスクに対するショットピーニングなどの複雑な形状の内部や奥まった部分への加工が必要な場合にロボットにロング回転ノズルを持たせてブラスト加工を行っていきます。

【ロング回転ノズル:長さ約400mm】

装置扉の基本タイプ
全自動 装置側面台車にワークをセットし、スタートすればスライド扉が開き、台車を加工室内へ搬送、スライド扉が閉まり、テーブル回転などと共に設定した時間ブラスト加工を行い、その後エアブローに切り替わり、エアブロー設定時間終了後にスライド扉が開き台車が元の位置に戻ってきます。
手動加工用出来る様にすることも可能です。

【スライド扉・台車の動き】

装置間口寸法とテーブル径
自動台車
手動加工
スライド扉の開閉、台車の移動、テーブルの回転はスイッチで行いますが、ブラスト加工は作業者がノズルを持って加工を行います。
金型などで重点的に加工する箇所がある場合などに使用致します。
手動台車
自動加工
台車テーブルの加工室内の出し入れ、スライド扉の開閉は手動で行います。
その後のテーブルの回転、ノズルの動き、ブラスト噴射はスイッチ操作で自動で行われ、タイマー設定時間後、エアブローに切り換わります。手動加工用ノズルを追加することも可能です。
テーブル回転
のみ自動
台車の移動やスライド扉の開閉、ブラスト加工中のノズルの動きなど、手動で行うが加工中のテーブル回転のみ自動の簡易自動機。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード