デジタル噴射ユニット

デジタル噴射ユニットタイトル

特徴

噴射のバラツキで製品の仕上がりにムラが発生していませんか?

デジタル噴射ユニットなら、従来管理しづらかった低圧でも安定噴射、噴射量管理・調整ができます。現在ご使用中の既存の装置に後付け改造することが可能です。

  1. 生産管理ツールとして有効です。
  2. 低圧噴射による母材へのダメージなくバリが取れます。
  3. カバレージコントロールできます。

当社独自のデジタル噴射ユニット(安定噴射精度±3%)※が可能にしました。
SGD/FDDtype:ディスクの回転数で研磨材の供給をコントロールし、安定性の高い定量供給を実現します。日本、アメリカ、中国で特許を取得しています。

デジタル噴射ユニット 【デジタル噴射ユニット】 直圧デジタル噴射ユニット 【直圧デジタル噴射ユニットTYPE:FDD】

※研磨材種類や粒度によります。(使用研磨材範囲#24~#3000)

LCB処理とは

LCB処理(LowCoverageBlast)は、デジタル噴射ユニットが実現する新しい表面処理方法です。

ミクロン~ナノメートルの広範囲に渡って精密な表面粗さ密度・形状をコントロールすることができます。特にナノメートルレベルの表面加工においては数ミクロンの微粉体を精密に噴射することで微細な打痕点を均一に対象ワークに加工することが出来ます。

LCB処理はケミカル処理のように材料の種類による制約がほとんど無くさまざまな材料に対応可能であり、更に微細な粗面と微妙な粗さ調整が出来ることが特徴です。サファイヤ、セラミックスなど高硬度な物から樹脂材料、フィルム更には木材まで幅広く可能な工法です。数ミクロンの球形微粉体を定量噴射することで、打痕密度と打痕径をコントロールすることが可能です。

カバレージ5% カバレージ15% カバレージ35% カバレージ60%
カバレージ5% カバレージ15% カバレージ35% カバレージ60%

LCB処理は不二製作所の登録商標です

カタログダウンロード

こちらにて関連するカタログをダウンロードをしていただくことが出来ます。 下の各カタログのリンクよりユーザー情報入力フォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。

デジタル噴射ユニット(サクションTYPE)

従来管理しずらかった低圧でも安定噴射、噴射量管理・調整ができます。さらに、既存の装置に後付け改造できます。

直圧デジタル噴射ユニット

デジタル噴射ユニットの直圧タイプです。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード