1個流し加工に対応した均一加工量産機

GTシリーズ
間欠回転テーブル型
処理数量 均一加工 省力化 複数ワーク
への汎用性

大テーブルが間欠回転することでワークを加工室内に搬送し、その上の小テーブルも加工やエアブローの際に回転する親子型のテーブル方式です。
大テーブルは複数に分割されており、装置正面の開口部のワークの着脱箇所、ブラスト加工箇所、その後のエアブロー箇所に分かれております。

1個流し生産対応

装置開口部で1個流し生産対応のための瞬間的なワンタッチ段取りでワークの着脱(ロボットによる着脱も可能)を行います。
1個流しのためワーク同士の接触による不良をゼロに出来ます。

品質の安定

加工ポジションで1個ずつ同一時間、同一加工条件で均一連続加工を行っておきます。
噴射制御装置や異常検知アラートと組み合わせることで装置機能面の安定性を向上させることも可能です。

タクトタイムにあった加工

ご希望のタクトタイムに合わせて大テーブル間欠回転の時間、加工ポジションの数、ノズルの本数を設定し、オーダーメイドで装置設計を行います。
上記は加工ポジション2か所で、それぞれの箇所でノズル2本で加工。

省力化・無人化対応

複数ノズルでの自動加工機のため、ワークの着脱以外の作業はすべて自動で完了致します。
また、自動搬送とロボットによるワーク着脱を組み合わせることで、エアーブラスト工程の無人化も可能です。

装置仕様
概略
  1. 同一時間、同一条件で均一加工
  2. 小~中物ワークに対応
  3. 累計出荷台数2,000台以上の
    ベストセラーシリーズ
  • 親子テーブルの動き
  • 大テーブルが間欠回転しワーク搬送を行い、その上の小テーブルが加工時やエアブロー時に回転する親子型のテーブル方式です。
    装置前面の開口部でワークの着脱を行い、セットされたワークは、大テーブルの間欠回転でブラスト室内に移動し、加工ポジションとエアブローポジションで小テーブルが回転。

  • 加工作業の流れ
  • 一定時間毎に大テーブルが間欠回転し、装置前面の開口部にブラスト加工及びエアブローが完了したワークが戻ってきます。
    次に大テーブルが回転するまでの間、装置内の加工ポジションでは、ブラスト加工、エアブローポジションではエアブローが行われており、装置前面の開口部では、加工後のワークを取り外しと未加工ワークのセットを行います。

タクトタイムに合わせて設定
  • 加工ポジション数とノズル本数
  • 上図は、大テーブルを5分割し、手前でワークの着脱、奥側2ヵ所にそれぞれノズルを1本ずつ配置しブラスト加工、ワーク着脱箇所の手前でエアブローを1箇所設定した場合になります。
    この場合、大テーブルを10秒毎に間欠回転させるとノズル1本で10秒×2回、エアブロー10秒×1回加工されたワークが着脱部に戻ってきます。大テーブルによってワークが搬送されて一つ先のポジションに移動する時間を2秒とすると、1個当たり20秒加工され、10秒エアブローされたワークが12秒に1個着脱箇所に戻ってくることになります。

    間欠回転する大テーブルの分割数を変更して、加工ポジション数を増加、各加工ポジションでのノズル本数を増加、着脱を1個毎でなく、両手で2個づつにして、2個取り加工にするなど調整することでご希望のタクトタイムに合わせていきます。

装置実績例①

【装置正面】

【装置側面】

一般的な小物の加工用の装置です。
樹脂製品のバリ取り、前処理としてのスケール除去や表面粗しなど多くの用途で使用されます。ワークを2個ずつ着脱し、連続加工していきます。

装置実績例②

ライン対応型の多段ショットピーニング用装置です。自動車部品や航空機部品などに多用されているタイプです。

装置実績例③

装置右手にタッチパネルモニターを備えた装置であり、加工時間や加工圧力、テーブル回転速度などを簡単に設定、修正可能になっております。

ワークの着脱方法と個数

【1個ずつ着脱タイプ】

【2個ずつ着脱タイプ】

【ロボットで着脱】

  • ワークの着脱方法と個数
  • 装置正面開口部にて作業者もしくはロボットでワークの着脱を行っていきます。
    小テーブルや治具に対して1個ずつ着脱するタイプと2個ずつ着脱するタイプがあります。エリアセンサーやワーク着脱完了後起動ボタンを押すことで大テーブル回転スタートとすることで安全性を高めることも可能です。

ロボット2台によるワーク着脱

ロボットでワークの着脱をする場合、1台のロボットで着脱両方を行うことはもちろん可能ですが、ワークのセットと加工後ワークの取り外し分業することでタクトタイムを短縮できます。

代表的なノズルの動き

ガン振動型

一番多いガンの動作方法です。
回転するワークに対して、ブラストガンを縦方向に振動させる事で、全面加工を行ないます。通常は、2~6本のガンで分担してワーク全面のブラスト加工を行ないます。

ガン上下移動型

回転する円筒形状のワークの外面及び内面を均一に加工する時に用います。ワークの下から上もしくは上から下にノズルが等速移動しながら加工をしてきます。必要により、複数回のガン上下移動を行ないます。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード