マスクレス微細加工

マスクレス微細加工とは

マスクレス微細加工とは、通常のブラストではマスクをして加工をしなければ出来ないガラスやセラミックスなどの脆性材料に対してのR面取り(R付け)、C面取り、溝加工、穴あけ加工をマスク無し、更に洗浄無しで可能にした不二製作所オリジナルのドライブラスト技術です。

水を使用せず、マスクレスで微細な加工が出来ることから、上記の様な切削加工以外にも薄膜などの電極切り、強化ガラスのスクライブ加工などに利用されております。

マスクレス微細加工の特徴

  1. マスクレスで加工出来るため、前後工程が必要ありません。
  2. 水を使用しない、ドライ加工
  3. 研磨材が飛散しないため、洗浄不要
  4. シャープで美しい加工が可能
  5. 透明感のある加工が可能なため、仕上げ加工が不要

マスクレス微細加工:溝加工(ライン加工)

ブラスト用マスクで加工したくない部分を覆うことなく溝加工を実現。
溝幅100μm以下の細いラインの加工も可能です。
溝加工だけでなく、深さ方向の加工をコントロールし、スクライブ加工も行っております。

マスクレス微細加工:溝加工(ライン加工)
マスクレス微細加工:溝加工(ライン加工)
  • ラインA:幅300μm 深さ5μm
  • ラインB:幅200μm 深さ5μm
  • ラインC:幅100μm 深さ5μm
  • ラインD:幅500μm 深さ50μm

マスクレス微細加工:R面取り(R付け)・C面取り

ドライブラストによるR面取り(R付け)・C面取りを実現。強化ガラスへの面取りも対応可能です。
当社独自の噴射コントロール技術により、面取り量や角度の設定が出来ます。また、噴射した粉塵を飛散させない技術により、加工後のワークの洗浄も不要です。

【 R面取り(R付け) 】 【 C面取り】
R面取り(R付け) C面取り
R面取り(R付け)及びC面取り拡大画像
【未加工】 【C面取り C0.5】
未加工 C面取り C0.5
【R面取り(R付け) R0.1】 【C面取り C0.1】
R面取り(R付け) R0.1 C面取り C0.1