低床大型ブラストルーム

視界良好な
ブラスト作業環境を実現!

長期間使用していただくものであるからこそ、良好なブラスト作業環境の実現とメンテナンスのしやすさを追求した設計になっております。

大型ブラストルームとは、大型加工物をブラストルーム内に台車などで運び込み、作業者もしくは大型ロボットが加工室内でブラストガンを持ってブラスト加工する装置です。
主に建設機械、トラックや車両の部品、橋梁や水門などの鋼構造物の素地調整、黒皮除去、塗装前処理、溶射前処理、接着前処理、ショットピーニングなどを目的とするブラスト加工に使用されております。

不二製作所の低床大型ブラストルームは、従来のブラストルームと同等な機能に加え
弱点を克服した全く新しいブラストルームです

従来のブラストルームでも可能であったこと

大型加工物のブラスト加工が可能

噴射後の研磨材を集めて
繰り返し使用できる

周囲への粉じんなどの
飛散や騒音防止

1種ケレン(ISO Sa2 ½以上)
の素地調整が可能

従来のブラストルームの弱点を克服!

加工中の視界が良好!
見えるから加工も安定

重労働から解放!
風力循環で回収・分級を自動化

ピットレスでの直置き
も可能にした低床構造

メンテナンスのコストも
労力も大幅に低減!

※動画にはナレーションによる詳しい解説がございます。
BAD
加工中は粉じんで何も見えない
従来のブラストルーム
  • 加工室内が非一方向の気流
  • いつまでも粉じんが漂っている
  • 良く見えないから加工が安定しない
GOOD
加工中も視界良好な
全く新しいブラストルーム
  • 加工室内が穏やかな一方向の気流
  • 室内換気スピードが劇的に改善
  • 良く見えるから加工品質が安定

不二製作所の大型ブラストルームを見学された多くのお客様が、ブラスト加工中の視界の良さと加工終了後の換気スピードに驚かれます。
従来のブラストルームでは「ブラスト加工中は何も見えないくらい粉じんが舞い上がっていること」や「加工終了後のモヤモヤが収まるのに何十分もかかること」は仕方ないことでした。その原因は、加工室内の気流が複雑な非一方向流となっており、どんなに加工室内の換気回数を増やしても、重力で落下した粉じんが何度も乱気流に巻き込まれて舞い上がったり、気流が滞る箇所の粉じんがいつまでも換気用集塵機へ流れていかないことにあります。
しかし、当社ではこの問題を加工室内全体に一定方向の気流を作り出し、換気スピードを劇的に改善することで加工中も視界良好で、加工終了後はスムーズにモヤモヤが晴れるブラストルームを実現致しました。

加工室内の換気の様子
換気流速の計測(PIV)
※換気流速の計測方法
換気流速の動画はPIV(粒子画像流速測定法 Particle Image Velocimetry)によって測定されております。
PIVとは、流れ場における多点の瞬時速度を非接触で得ることができる流体計測法で、流体に追従する粒子にレーザーシートを照射し可視化、これをカメラで撮影しフレーム間の微小時間における粒子変位を画像処理により求め、流体の局所速度を算出しております。
BAD
噴射後の研磨材を人力で回収する
重労働なブラストルーム
  • 人力で研磨材回収するのが重労働
  • 度々の回収により作業効率が悪い
  • 噴射研磨材に粉じんや異物が混じる
  • 加工面が安定しない
GOOD
風力循環で回収・分級が
自動化されたブラストルーム
  • 自動化されて重労働から解放
  • ブラスト加工作業のみに専念できる
  • 破砕した研磨材や粉じんを分級可能
  • 常に安定した加工面を実現

加工対象が大型になればなるほど多いのが、平らな床の上に囲いをしただけのシンプルなブラストルーム。
このブラストルームの場合は、研磨材の循環、回収機能をもたないため、ブラスト噴射加工後の研磨材は作業者がスコップなどを使って回収し、再噴射のためにタンクへ投入しなければなりません。この回収作業のためブラスト加工作業に専念できず、作業効率が著しく低下致します。また、重い研磨材を何度も集めてタンクへ投入する作業が重労働です。

そんな悩みを解決したのが不二製作所独自の風力循環システムです。
ブラスト噴射した研磨材は、ブラストルームの床下ホッパー部分から自動的に風力回収され、その後、分級ユニットにて破砕した研磨材や粉じんと使用可能な研磨材が分離され、粉じんは集塵機へ流れ、まだ使用可能な研磨材は再度ブラスト噴射加工に使用されます。
これにより作業者は研磨材回収の重労働から解放され、ブラスト加工作業のみに専念することが出来るため、作業効率が向上致します。また、分級ユニットで破砕した研磨材や粉じんが取り除かれるため、噴射研磨材の粒度が常に均一に保たれ、安定した加工面を実現致します。

BAD
設置に深いピット工事が必要な
コンベア搬送のブラストルーム
  • 設置に深いピット工事が必要
  • 破砕した研磨材の分級が出来ない
  • 付帯設備の設置スペースが必要
GOOD
直置き運用も可能にした
低床構造のブラストルーム
  • 低床構造でピットレスも可能
  • 風力で回収と同時に分級も実施
  • 付帯設備の削減で省スペース化

従来のブラストルームでは、噴射後の研磨材回収機能を付けた場合に、ブラスト加工室下に大きなホッパーと回収用のベルトコンベアやスクリューコンベアそして噴射用研磨材タンクへの搬送用バケットエレベーターを設置しなければならず、加工室下に深さ1.5メートル以上のピット(基礎掘り)工事が必須でした。

この数百万円かかってしまうピット工事を無しに出来ないだろうかというお客様のお声にお応えして開発したのが低床構造のブラストルームです。
独自設計により加工室下のホッパーを大幅に低くし、床下の研磨材回収を風力のみで実現することで、ブラスト加工室内の床高さの低床化(400mm~600mm)を実現致しました。また、風力循環システムにはで回収と同時に分級するため、回収されてしまった研磨材に含まれる破砕研磨材や粉じんを取り除き、均一粒度での安定したブラスト加工が出来るという、搬送機での研磨材循環では不可能な特長もございます。

この低床化により、地面に直置きで設置しても容易に重量物をブラスト加工室内に搬入出来ると共に、作業者が台などに乗らなくても目視で安全確認しながら重量物の搬入作業が可能となっております。
また、地面とブラスト加工室内を同じ高さにしたい場合でも浅いピットで済むため、深いピットを掘る必要がないため、工事費の大幅なコストダウンとなっております。

BAD
メンテナンスに多大なコストと
労力が必要なブラストルーム
  • 回収コンベア部品は定期交換が必須
  • 付帯設備が多く消耗部品の費用が高額
  • 狭いピット内での過酷な作業
GOOD
ランニングコスト削減を
考慮して設計されたブラストルーム
  • 加工室下の回収部はほぼ磨耗しない
  • 風力回収のため付帯設備が少ない
  • 加工室内から容易に異物除去が可能

従来のブラストルームでは噴射した研磨材を、深く掘ったピット内に設置したベルトコンベアやスクリューコンベアにて回収しておりました。
ベルトコンベアの場合は加工室下のホッパーとベルトコンベアを完全に密着させることは出来ないため、隙間からこぼれてピットの底に貯まった研磨材を定期的に取り除く必要があり、スクリューコンベアの場合は研磨材との摩耗による性能低下があるため、高額な部品を定期的に交換する必要がありました。
また、狭いピット内での清掃や重い部品の分解、交換作業は思うように進まない過酷な作業であり、自社で行うのには大変な労力となり、外部に依頼すれば高い費用がかかります。

しかし、不二製作所の開発した風力循環で回収・分級を自動化した低床構造のブラストルームでは、多大なメンテナンスのコストと労力がかかっていた加工室下の研磨材回収部分に、付帯設備は無く、曲がりのない直線の管内を風力によって回収された研磨材が流れる構造のため、ほとんど磨耗が発生致しません。また、回収部に異物が混入してまった場合も、加工室内の床が簡単に取り外せるようになっているため、加工室内から容易に清掃、除去が可能になっております。

視界良好なブラスト作業環境が見学・体験可能です。

低床大型ブラストルームの見学やデモ加工に関するお問い合わせはメールにて受付ております。
貴社名、部署名、お名前、住所、連絡先電話番号、加工対象物の大きさ、現状ご利用のブラスト装置、見学希望の工場(茨城工場・小牧工場)をご記入ください。問い合わせ内容確認後、折り返し担当者よりご連絡さしあげます。

茨城工場(テックブラスト)

〒 300-1424 茨城県稲敷市下太田4611-3

小牧工場

〒 485-0077 愛知県小牧市大字西之島2101-1

大型ブラストルーム装置実績

【装置概要】
  • 当社茨城工場(テックブラスト)に2017年10月に受託加工用に新設。
    耐荷重5トン、幅2.4m×長さ4.5m×高さ3mのワークまで加工可能です。大型金型や金属建材用の受託加工用として活躍しています。
    見学可能ですので、ブラスト加工中の視界の良さと加工終了後の換気スピードをご体験ください。
【装置概要】
  • 最大、幅3.5m×長さ13m×高さ3.2mの加工が可能です。
【装置概要】
  • 工場丸ごとブラスト室となっています。
【装置概要】
  • 最大、幅2.4m×長さ4.5m×高さ1.75mの加工が可能です。
【装置概要】
  • 最大1m四方のワークを加工できる、コンパクトルームタイプです。台車は自走式で最大2.5トンの加工が可能です。
ブラストルームは、ご要望に応じたサイズで設計・製造可能です。

追加対応オプション品

■エアラインマスク

長時間のブラスト作業に
最高の安全と作業の快適性を提供します!

  • 広い視野を確保&レンズ交換が容易!ブラスト作業時の騒音も低減します!
  • 吸気温度の調節が可能!マスクへの空気温度を調節可能ですので夏は涼しい空気、冬は暖かい空気を送ります。
  • コンプレッサ等からの圧縮空気をろ過筒で正常にし、且つ低騒音エアを供給!

■ロボット付装置

ブラスト加工作業の自動化が可能!
加工品質の安定致します。

  • ブラストルーム内でロボットにブラストガンを持たせて加工致します。
  • 事前に三次元動作をプログラミングすることで毎回同じ動作でのブラスト加工が可能です。
  • 限られた数種類の形状の加工対象を大量に加工しなければならない場合に有効です。

カタログダウンロード

こちらにて関連するカタログをダウンロードをしていただくことが出来ます。 下の各カタログのリンクよりユーザー情報入力フォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。

多目的大型ブラスト装置

特異の風力回収システムで低床化を可能にしました。独自の換気システムにより、換気度UP!高い換気効果でクリーンな室内環境を実現!

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード