プラトー構造表面の形成

「耐摩耗性及び疲労強度の向上と初期摩耗が少なく、安定した摺動が可能な表面の同時実現」

プラトー構造表面の形成

プラトー構造表面とは 、凸部が無く、平滑面と無数の凹部で形成された表面のことです。摺動部の凸部を平滑化することで摩擦抵抗が減り、凹部は表面張力を助長し潤滑油保持機能(油だまり)となり、良好な潤滑状態の維持、油温上昇の抑制と摩耗防止の役割を果たします。

当社の微粒子ピーニング技術である α処理 または WPC処理 と平滑化処理の組合せによって作り出されたプラトー構造表面は、耐摩耗性及び疲労強度の大幅な向上と初期摩耗が少なく、初めから安定した摺動が可能な表面を同時に実現致します。

プラトー構造表面による耐摩耗性・疲労強度・摺動性向上

下記は当社の微粒子ピーニング技術であるWPC処理と平滑化技術の組合せによって作られた表面になります。 WPC処理 のみであっても耐摩耗性、疲労強度、摺動性向上の効果がありますが、凸部に対しての平滑化処理を追加することで、更なる摺動性向上効果を実現致します。

表面の観察(材質:SCM415 浸炭材、測定:マイクロスコープ×500倍)

未処理面(鏡面仕上げ)

未処理面(鏡面仕上げ)

WPC処理面

WPC処理面

プラトー構造面

プラトー構造面

表面粗さの観察(材質:SCM415 浸炭材、測定:レーザー顕微鏡×1000倍)

未処理面(鏡面仕上げ)

未処理面(鏡面仕上げ) 測定曲線

 単位:μm

Ra
0.018
Rz
0.189
Rsk
-1.089
Rvk
0.041

未処理面(鏡面仕上げ)

WPC処理面

WPC処理面 測定曲線

 単位:μm

Ra
0.732
Rz
5.397
Rsk
-0.348
Rvk
1.487

WPC処理面

プラトー構造面

プラトー構造面 測定曲線

単位:μm

Ra
0.158
Rz
1.079
Rsk
-0.731
Rvk
0.306

プラトー構造面

プラトー構造表面の形成に関するお問い合わせ

プラトー構造表面の形成に関しては お問い合わせフォーム または下記お電話にてお気軽にお問い合わせください。

テスト加工・受託加工に関するお問い合わせ

プラトー構造表面に関する担当部門
TEL 03-3686-4811

装置検討に関するお問い合わせ

装置営業担当部門
TEL 03-3686-5104

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード