研磨材 ステンレスグリット

商品画像
ステンレスグリット
材質 金属系
形状 多角形
硬度 新モース硬度8 (ビッカース硬度800HV ±40)
真比重 7.7-8.1
嵩比重(代表値) 4.1

化学成分

種類記号 化学成分(%)
Cr C Mn Si Ni Fe
成分 約30% 約2% <1% <1% <1% 残部

特徴

ステンレスグリットは特殊な製法にて製造された約30%のクロムと約2%の炭素の組成を持った高硬度ステンレス鋼研磨材で、スチールグリットと同等の硬度と鋭いエッジによる強力な切削力、ねばり強さによる耐久性は維持しながら、ステンレスの「錆びにくい」特徴も持っています。
多量に固溶されたクロムは研磨材表面で不動態被膜となっており、ブラスト加工により摩耗しても瞬時に再生し耐食性を維持します。

主な用途

  • もらい錆を気にするステンレスの表面仕上げ
  • 電着塗装やボンデ処理、テフロン加工などの前処理
  • ロストワックス(精密鋳造)の砂落とし
  • 熱処理後や熱間プレス後などのスケール除去
  • ブラスト後工程に機械加工や圧延、伸線工程が入るワークへの表面仕上げや黒皮除去

中心粒径

粒番号 中心粒径
VG-10 200~50μm
VG-20 315~90μm
VG-30 500~200μm