ドライアイス洗浄

不二製作所のドライアイス洗浄装置&洗浄の紹介動画

不二製作所の装置の噴射タイプはソフトタイプ(繊細な加工に向く)とハードタイプ(豪快な加工に向く)の2種類あります。

ソフトタイプ自動装置編

ハードタイプ編

※どちらも、冒頭の30秒は同じ内容です

加工時に発生する異物やコンタミが気になる

ラインをできるだけ止めないで洗浄したい

通常のブラストでは
ワーク表面にキズがついてしまう

手動でドライアイス洗浄はやりたくない

ドライアイスの特性で研磨材残り0!

ドライアイスは、二酸化炭素を固体にしたものです。固体であるドライアイスは、常温で気体になります(昇華)。 なので、残留の心配はありません。

※通常ブラストで使われる研磨材に比べてドライアイスの方が切削力が低いので洗浄できない場合もあります。

分解せずにそのまま洗浄可能!

装置や金型などライン上で使用しているものも分解せずにそのまま洗浄可能です。
従来、使用直後の金型は高温になっています。洗浄するためには冷却する必要がありました。しかし、ドライアイス洗浄であれば高温のままで、冷却待ち時間ゼロで作業が可能です。熱衝撃(ヒートショック)により 洗浄効果も高くなります。

ドライアイスは柔らかいので
ワークに与える影響が少ない!

ドライアイスは硬度(モース硬度2程度:石膏と同じ)が低い為、ワークに与える影響が少ないです。また、不二製作所では、噴射のタイプが2つ(ソフトタイプとハードタイプ)あり、用途によって使い分けができます。
それに加え、噴射量や圧力、ノズル等も調節できるので、ワークへの与える影響を制御することができます。

自動機※が作れるのは
国内では不二製作所だけ!

当社は、2万台を超えるオーダーメイド自動機の実績があります。
ワークのサイズや処理量に合わせ、無駄のない最適な装置を設計・製作します。省人化・工程削減・コスト削減に繋がります。

※集塵機やキャビネットを含めた自動機

不二製作所のドライアイス洗浄例

半導体業界、金型業界、食品業界、印刷業界、ゴム業界、産業機械業界など広い分野において使用され、研磨材残りが無く汚れや異物などを洗浄・除去しています。

1.半導体関連

基板表面の有機物やパーティクルだけを除去します。

  • ディスクリート(個別)半導体のウェハーのダイサー時に発生する微細バリ除去
  • 溶射後のパーティクル除去
  • リフロー装置等のフラックス除去
  • 各種半導体部品のガス汚れの精密洗浄(静電チャック等)
  • プリント基板の半田(ハンダ)スパッタ、フラックス除去
  • 半導体用ガラス表面の有機物除去
  • スクリーン印刷用メッシュ、メタルマスク等の精密洗浄

ハンダ(スパッタ)フラックス除去例1

ハンダ(スパッタ)フラックス除去例2

2.金型関連

金型を装着したまま洗浄ができます。装着金型は、温度も高く、ドライアイスで一気に急冷させることで、熱収縮によって、汚れが浮くため、除去しやすくなります。

  • 各種金型(プラスチック、ゴム、低圧鋳造、ダイキャスト、タイヤ他)の汚れ、錆除去
  • 金型の錆除去

離型剤除去

ゴム金型離型剤除去

錆取り

3.食品関連

生産ラインの部品などを分解せずにそのまま洗浄できます。研磨材残りもありません。

  • 食品搬送コンベア、焼成ラインコンベア、容器等の雑菌発生防止の洗浄
  • 粘着剤やシール材剥離

納豆生産ラインのクリーニング

4.ロール関連

分解せずにそのまま洗浄できます。

  • 印刷ロールのクリーニング
  • 圧延ロールのクリーニング

印刷ロールのクリーニング

5.その他部品・材料

  • 残留物や傷を嫌うあらゆる部品の洗浄
  • インク、接着剤、グリス、カーボン等が付着したあらゆる部品のクリーニング
  • 精密ゴム製品のバリ取り
  • スマートフォン、携帯電話などの蒸着、塗装前処理

ガラスの指紋除去

油+カーボン付着物除去

手垢・汚れ除去

ゴムバリ取り

ゴムバリ取りの様子

各種課題の改善事例

事例(1):金型洗浄

  • 組付けられている金型を洗浄する際、わざわざ分解して洗浄しなければいけなく、時間とコストがかかっていた。
    ドライアイスブラスト装置なら、組付けされたまま洗浄できるので、時間短縮ができた。

事例(2):食品工場における部品類の洗浄

  • 数日に1回、作業員数名で食品機械の洗浄を行っていたが、ドライアイスブラスト装置を導入したところ、手作業で10分以上かかっていた洗浄が約10秒で完了。

事例(3):研磨材残りを嫌う部品や機器への洗浄

  • 食品機械部品や半導体部品の洗浄にブラストを検討していたが、研磨材残留の懸念があり導入に踏みきれなかった。
    ドライアイスブラストは、研磨材残留が無いと知り導入したところ、問題なく部品類のブラスト洗浄が可能となった。

事例(4):ロールの洗浄

  • 今まで高温の圧延ロールの洗浄は、運転を止めてから高圧水にて行っていた。そのためロールの温度が下がり、洗浄後の再稼働は予熱の時間が必要だった。
    ドライアイスブラストはピンポイントで付着物を狙えるため冷却熱量が少なく、ロールの運転を停止せずにクリーニングできるようになり、無駄な予熱時間が削減できた。

不二製作所のドライアイス装置

国産装置(不二製作所本社で設計・製作)なので、アフターフォローは万全です。
※急なトラブルで部品交換などが必要になった場合、海外の装置だと納期がかかったり入手困難になってしまう場合があります。当社の装置は国内工場で設計・製造しているため、部品の出荷や、トラブル時の対応も迅速に行います。

キャビネット型ドライアイスブラスト装置

特徴

ラインに装置を組み込んだり、自動化にもスピーディーに対応が可能です。

ラインナップ

キャビネット型ドライアイスブラスト装置のラインナップには、自動機・半自動機・手動機がございます。

ロボット型

ロボットにブラストガンを持たせ、3次元動作のドライアイス洗浄を行います。人間が行う複雑な動作を再現させる用途に適しております。

全自動テーブル回転型

本体前面のテーブル露出部で、ゆっくりと水平自動回転するテーブル上にワークをセットします。
ワークはブラスト室に移動し、ブラスト加工後、エアーブローされて再び本体前面に戻ってきます。そこでワークの着脱を行ないます。

バッチ処理型

バレルカゴの回転でワークを混転させながら、固定したガンで噴射しブラスト加工を行います。ワークの出し入れは、バレルカゴごと簡単に行えます。

台車テーブル型

台車の上に回転するテーブルを備えた大型重量ワークに対応した台車テーブル式のドライアイスブラスト装置です。テーブルの回転、加工、台車の移動、スライド扉の開閉等を手動で行なう装置から、全ての動作が自動化された装置まで多様な機種があります。

移動型ドライアイスブラスト装置

ラインナップ

移動型ドライアイスブラスト装置のラインナップには、2種類用意しております。

ソフトタイプ
型式 TSGD-2

ミル機構※によりパウダー状に粉砕したドライアイスを、低圧で安定的に定量噴射します。そのため微細なバリ取り、パーティクル除去、プリント基板のスパッタ除去等、より繊細な加工が可能です。また、凝結防止機能を標準搭載しています。
定量安定噴射機能は特許登録済みの弊社独自技術です。

※ミル機能
円柱形状(Φ3)のドライアイスペレットを装置上部より投入します。ミル部ではクラッシャーで均一な0.3mmのパウダーに粉砕されノズル部に送られます。
ハードタイプ
型式 TDSD-2

ハードタイプは大面積を短時間で加工したい時や頑固や汚れを除去する場合に適しています。ドライアイスペレットはノズル内部で効率良く粉砕できる構造です。
また、当社独自の特許取得の定量安定噴射で更に使い易さUP

移動型ドライアイスブラスト装置仕様

仕様 主な仕様 ソフトタイプ ハードタイプ
噴射方式
型式 TSGD-2 TDSD-2
ノズル形状 ラウンド スリットとラウンド
ガン形状 2ステップトリガー式 2ステップトリガー式
粉砕システム ミル粉砕 ノズル粉砕
粉砕サイズ 0.3mm(標準)※1 0.5~2mm
ドライアイスタンク容量 6リットル(≒5kg) 15リットル(≒12kg)
ドライアイス消費量 ~0.3kg/min 調整可 ~1.0kg/min 調整可
キャスター 有り 有り
本体寸法 W560×D660×H980 W550×D660×H880
本体重量 140kg 100kg
電源 AC100V AC100V
必要電力 1.5kVA 1.0kVA
エアー消費量 0.3~0.5m³ 2~3m³
エアー圧力 0.3~0.5MPa 0.3~0.5MPa
エアー接続口 1/2B 1B
標準付属品 ノズル 1本 1本
ブラストホース 5m 5m※2
入力電源コード 5m 5m
投入カップ 1個 1個
※1 出荷時に調整可。
※2 最大20mまでブラストホースを延長することが可能です。

ご注意とお願い

  • 製品改良のため、仕様・サイズ等、内容は予告なく変更する場合があります。
  • カタログ・HPに掲載している画像は実物とは色や形状が若干異なる場合があります。
  • 製品のサイズは基準値です。製品の公差により、実際の製品のサイズとは異なる場合があります。

安全上の注意事項について

  1. ドライアイス使用時は人体への影響を考えて換気に注意ください。
  2. 地下室や密閉室内でのご利用はできません。
  3. CO2濃度基準は下記の通りとなります。

CO2濃度

濃度(PPm) 影 響
350~550 正常空気中濃度
5,000 長期安全限界濃度(日本産業衛生学会勧告値)
15,000 この濃度以上で立入禁止(労働安全規則)

カタログダウンロード

こちらにて関連するカタログをダウンロードをしていただくことが出来ます。 下の各カタログのリンクよりユーザー情報入力フォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。

ドライアイスブラスト装置

研磨材残留がなく、安全で衛生的なクリーニングが可能です。

ドライアイス食品生産ラインのクリーニング

食品の生産ラインを素早く確実にクリーニングします。

焦げ取りパンフ

さまざまな加熱調理機器の頑固な油汚れも、母材を傷つけずにクリーニングできます。

ドライアイスブラスト/基板のハンダスパッタ除去

ドライアイスブラストを使用した基板のハンダスパッタ除去の加工例のご紹介です。基板上のハンダスパッタをドライアイスブラストで短時間に除去可能です。

ドライアイスブラスト自動機(保冷庫無)

業界初自動ドライアイスブラスト装置のご紹介です。従来のドライアイスブラストは手動機であり、多量の生産物には不適でした。今回不二製作所はキャビネット付のテーブルタイプ自動ドライアイスブラスト装置を開発しました。

ドライアイスブラスト/ドライアイスは後洗浄要らず!

ドライアイスブラストによるSUS板(鏡面加工)に付いた指紋除去の加工例を紹介しています。有機溶剤の代替として注目されています。

ドライアイスブラスト/ドライアイスは粘着物を残しません!

ドライアイスブラストによるカッティングシートとプラ看板のクリーニング加工例を紹介しています。粘着物を残さず、母材に傷を付けません。

ドライアイスブラスト_エアコンのフィン洗浄

ドライアイスブラストによるエアコンのフィン洗浄例を紹介しています。短時間でフィンを傷めることなく見違えるほどきれいにします。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード