一度の投入で大量一括処理が可能

BOシリーズ
ロールtoロール型
処理数量 均一加工 省力化 複数ワーク
への汎用性

ブラスト装置前後に巻出しと巻取りを行う設備を設置し、ロールtoロール方式で線材や長尺帯状のフープ材、コイル材を加工室内へ搬送し、加工室内でブラスト加工及びエアブローを行っていく連続自動処理装置です。片面のみ加工、両面加工のどちらも可能です。

装置概略

【ワークの動き】

1個当たり数百メートルなどの単位でロール状に巻いてあるワークを巻出し機で加工室内へ搬送し、加工後に出口側の巻取り機で再び巻き取ってきます。

【ブラスト加工状態概要図】

巻出し機で加工室内に送られたワークを治具で保持しながら、たるみやねじれ無く高速連続加工を行います。片面のみ、両面加工のどちらも可能です。

装置実績例①

装置の加工室内に横から線材を貫通させて搬送させていき、加工室内で振動する4本のノズルの間を通していくことによって、線材前面のスケール除去していきます。

【ワーク投入口】

【ノズルの間をワークが通る】

装置実績例②

電子部品のフープ材のバリ取り用のブロワブラスト装置です。10本のノズルで上下からワーク全面のバリ取りを行っていきます。

装置実績例③

厚さ数ミリの帯鋼を立てて搬送し、ワークの左右に備えたノズルの間を通していくことでワーク全面のスケール除去を行っていきます。

装置実績例④

当社の茨城工場で受託加工用に稼働している幅1.5メートル程度のコイル材の表面をロールtoロール方式で梨地加工するための装置です。

参考:短冊状ワーク自動加工機

フープ材形状から短冊状にカット済みのワークであっても上図の様にブラスト装置前後にローダー・アンローダー装置を備えることで自動化することができます。

代表的なノズルの動き

ガン振動型

一番多いガンの動作方法です。
装置内を投入部側から排出部側に流れているワークを挟み込むように上下もしくは左右に配置されたブラストガンを振動させる事で、全面加工を行ないます。
複数本のガンで分担してワーク全面のブラスト加工を行ないます。

ガン固定型

ワークの特定部分を集中してブラスト加工する場合に用いられます。ワーク幅や、ワークの形状、加工箇所によっては、ガン振動の動作と組み合わせて用いる場合があります。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード