黒皮・熱処理や溶接スケール除去

「エアーブラストによる黒皮又は熱処理並びに溶接、鍛造の際に発生するスケールの除去」

黒皮・熱処理や溶接スケール除去

※左から未加工(黒皮)、ビーズブラストでの美装梨地、アルミナブラストでの粗面化


スケール除去とは、1,000度前後まで加熱して製造する熱間圧延鋼板などの表面を覆う黒皮(ミルスケール)または熱処理や溶接、鍛造、熱間プレス成形などによって鋼が570度以上に加熱された際に鋼と酸素の結びつきによって表面に付着するスケール(酸化皮膜)を除去する作業のことになります。

工法としてはサンダーや酸洗いなど様々な工法があるが、その中でもエアーブラストでのスケール除去は、他の工法と比べて①誰でも簡単かつ短時間でSa2 ½~Sa3の高い除錆度の素地形成が可能、②酸洗いと異なり作業者に対して過度な危険を与えない、③加工対象の大小を問わず、ショットブラストでは狙えない細溝、内径部の加工も容易、④量産時の自動化も容易などの工法的優位点があることから多くの業界、用途でご利用頂いております。

エアーブラストによる黒皮・熱処理や溶接スケール除去の特徴

エアーブラストによる黒皮または熱処理や溶接などの際に付着するスケール(酸化皮膜)の除去とは、研磨材を圧縮エアーの力で高速で噴射することでスケールを除去する加工法です。

噴射により被加工物に衝突した無数の研磨材は、その切削力及び衝撃力によって表面に付着したスケールの除去と同時にアンカー効果による塗装や接着の密着性向上、ショットピーニング効果による耐摩耗性及び強度向上、美観向上などの効果を付与することが出来ます。

エアーブラストによるSa3仕上げ作業

FEATURE #01

黒皮除去に「塗装や接着剤の密着性向上効果」をプラス

下記はSS材の大型部品の黒皮(ミルスケール)を除去したものです。エアーブラストであれば加工対象の大小を問わず、各種除錆度規格の最上位の基準を容易に満たすことが可能です。また、黒皮除去と同時にアンカー効果や接着面積増加などにより、塗装や接着の密着性向上効果を付与します。詳しくは下記リンクにてご紹介しております。

塗装前処理 加工前
塗装前処理 加工後

FEATURE #02

熱処理や溶接、鍛造後のスケール除去に「強度向上効果」をプラス

エアーブラストによるショットピーニング及び微粒子ピーニングならば熱処理や鍛造、溶接後のスケール除去をすると同時に表面硬度の上昇と大きな圧縮残留応力が付与され、強度が向上致します。詳しくは下記リンクにてご紹介しております。

残留圧縮応力の変化

残留圧縮応力の変化

微粒子ピーニング前後の表面硬さの変化

微粒子ピーニング前後の表面硬さの変化

FEATURE #03

各種スケール除去に「鏡面仕上げや美装梨地仕上げ」をプラス

下記左は熱処理スケール除去と同時に鏡面仕上げをしたもので、下記右は溶接スケール除去と同時に美装梨地仕上げをしたものになります。酸洗いや電解研磨ではスケール除去した後に磨きなどの仕上げ作業が必要であり、バレル研磨では大型、複雑形状が不向きであったり、加工品同士のぶつかりによる傷の手直しが必要でありますが、当社技術では加工品の大小を問わず、複雑形状であっても、一工程でスケール除去と同時に鏡面仕上げや美装梨地仕上げが可能です。

処理スケールを鏡面仕上げ

熱処理スケールを鏡面仕上げ
(右:加工後 左:加工前)

溶接スケールを美装梨地仕上げ

溶接スケールを美装梨地仕上げ
(下:加工前 上:加工後)

各種スケール除去の加工事例

黒皮(ミルスケール)

黒皮(ミルスケール) 加工前
黒皮(ミルスケール) 加工後

エアーブラストであれば分厚い黒皮も簡単に除去し、Sa3や1種ケレンなどの最上位の除錆度規格基準を容易に満たすことが可能です。(上記はアルミナブラストでの粗面化仕上げ)


熱処理スケール:ギア

熱処理スケール:ギア 加工前
熱処理スケール:ギア 加工後

熱処理スケール:自動車部品

熱処理スケール:自動車部品 加工前
熱処理スケール:自動車部品 加工後

熱処理スケール:自動車部品

熱処理スケール:自動車部品 加工前

上:加工前 下:加工後

熱処理によって表面硬度を高めた部品に対して、後工程で ショットピーニング をすることで、熱処理スケールを除去すると同時に、更なる表面硬度の上昇と大きな圧縮残留応力が付与され、強度が向上致します。


熱処理スケール:線材

熱処理スケール:線材 加工前
熱処理スケール:線材 加工後

上記は、ロールtoロール型 のエアーブラスト装置によって熱処理後の線材のスケール除去を行ったものです。熱処理前のボンデ除去などでも同様の装置が使用されます。


溶接スケール:SUS部品

溶接スケール:SUS部品 加工前
溶接スケール:SUS部品 加工後

ステンレス溶接部品に対してエアーブラストでの 美装梨地仕上げ をすることで、溶接スケール取りと同時に美観の向上がはかれます。また仕上げ時の研磨材を変更することで風合いの異なるバリエーションを実現しております。(右画像は上下別の研磨材を使用)


溶接スケール:SUS部品

溶接スケール:SUS部品 加工前
溶接スケール:SUS部品 加工後
溶接スケール:SUS部品 加工前拡大
溶接スケール:SUS部品 加工後拡大

上記はステンレスの溶接部を当社独自技術の シリウスZ で溶接スケール除去と同時に鏡面仕上げをしたものです。溶接スケール除去と鏡面仕上げの二工程を一工程にまとめることができ、効率化がはかれます。


レーザードロス

レーザードロス1 加工前・加工後
レーザードロス2 加工前・加工後

上記はステンレスの薄板に発生したレーザードロスを当社独自技術の シリウス にて除去したものです。通常薄板に対してブラスト加工をすると、ソリや歪みが発生してしまいますが、シリウスならば変形なくレーザードロス除去が可能です。(右画像参照)

黒皮・熱処理や溶接スケール除去に関するお問い合わせ

黒皮・熱処理や溶接スケール除去に関してお困りごとがございましたら、 お問い合わせフォーム または下記お電話にてお気軽にお問い合わせください。

装置検討及びテスト加工、受託加工依頼に関するお問い合わせ

本社 営業技術部
東京都江戸川区松江5-2-24
TEL 03-3686-5104
名古屋営業所
愛知県名古屋市名東区姫若町8
TEL 052-703-2291
大阪営業所
大阪府吹田市豊津町11-17
TEL 06-6190-2323