自動化に対応した
ウェットブラスト装置

油分の付着した加工物でも脱脂不要

MSF・MSGシリーズ
ウェットブラスト

ウェットブラストは、水と研磨材を混合させたスラリー液を撹拌し、エアーブラストと同様に圧縮エアの力でノズルから噴射する技術です。別名では液体ホーニングや湿式ブラストとも呼ばれております。油分や可燃性物質の付着、濡れたものであっても脱脂や水分のふき取りをせずにブラスト加工することが出来ます。

前処理に脱脂が不要

油分がこびりついた加工物であっても油分の洗浄と同時にブラスト加工ができるため、前処理としての脱脂が不要です。

自動化・省人化に対応

複数ノズルでの自動加工装置です。自動搬送とロボットによるワークの着脱を組み合わせることで、ウェットブラスト工程の無人化も可能です。

熱ダメージの抑制

ウェットブラストでは静電気が発生せず、加工時の熱発生によるダメージも抑えられるため、変色・変質を嫌うフィルムなどのプラスチック製品の表面処理に適しています。

独特の風合い

ウェットブラストでの美装梨地加工は、ドライブラストで加工した時とは異なるウェットブラストならではの柔らかなツヤのある独特の風合いに仕上がります。

装置仕様
間欠回転テーブル型(GT)ウェットブラスト

【装置正面】

【装置側面】

大テーブルが間欠回転することでワークを加工室内に搬送し、その上の小テーブルも加工やエアブローの際に回転する親子型のテーブル方式です。
詳しくはこちら

自動台車テーブル型(ADAT)ウェットブラスト

側台からキャビネット内外への台車の移動、台車の回転、スライド扉の開閉、ブラスト加工などの一連の流れが自動化されております。
詳しくはこちら

自動回転テーブル型(ATCM)ウェットブラスト

テーブルにワークを並べて置いて、スタートさせると振動するノズルが回転するテーブルの上を均一に加工する簡易自動機。排水処理用の固液分離装置付属しております。
詳しくはこちら

台車テーブル型ウェットブラスト

自動ワイパー(オプション)

■台車テーブル型の特徴

  • 重量ワークの加工に適しています。
    側台で加工物を台車式テーブルに載せる為、重量物でも安全に乗せ降ろしが可能です。
  • 台車によって重量物でも容易に本体内への移動が可能です。
    テーブル回転により、大型加工物でも効率的な加工ができます。
スイングテーブル型ウェットブラスト

スイングテーブル

■スイングテーブル型の特徴

  • ワークの出し入れ時には、本体左側に付属のレバーを引くことで、本体内からターンテーブルを本体前面に引き出せますので、重量物でも装置前面で安全に乗せ降ろしが可能です。
  • ターンテーブルの耐荷重は50KGのタイプと150KGのタイプがございます。
手動加工用標準ウェットブラスト

スラリー液をポンプで撹拌させる本格生産に対応可能な汎用性抜群の手動ウェットブラスト装置です。
加工室内にターンテーブルが付属しております。
詳しくはこちら   MSG-3仕様 | MSG-4仕様

簡易ウェットブラスト

座り作業可能な省スペースタイプ。キャスターが付属しており移動も楽々。スラリータンクも簡単に着脱できるため研磨材の交換が容易です。
詳しくはこちら    MSF-1仕様 | MSF-2仕様

カタログダウンロード

こちらにて関連するカタログをダウンロードをしていただくことが出来ます。 下の各カタログのリンクよりユーザー情報入力フォームに進み、必要事項をご記入の上、送信してください。

ウェットブラスト装置

ウェットブラストの手動機・自動機の紹介です。油脂分が付着したワークや、熱を嫌うプラスチック等のワークに最適です。

カタログ一括ダウンロード

そのほかのカタログに関しましても、まとめてダウンロードされたい方は、こちらのボタンよりお進みください。

一括ダウンロード